会 長 挨 拶

 本年度ホルガー・クナークRI会長は「ロータリーは機会の扉を開く」のテーマを掲げられ、ロータリーがもたらす機会を信じ、その奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生みだすものであると信じている、と述べられています。そして目標を「人々が手を取り合うのを促す」「行動する」としました。更にクナーク会長は「私たちは、共有する価値観の下に集まっています。私たちは皆、固い友情でつながり、「四つのテスト」を信じています。ロータリーを経験する方法はいたるところで異なりますが、「四つのテスト」は誰にとっても同じです。」と挨拶の最初に「四つのテスト」を掲げ、その重要性を説いています。我々ロータリアンにとって「四つのテスト」というのは基軸であります。その重要性を第一番に訴えております
 それを踏まえて、第2820地区池田正純ガバナーは、地区のスローガンを「ロータリーのイノベーション・磨こう人間力!」とし、目標を「環境問題の強化、ロータリーの組織改革」に設定しました。近年叫ばれている「地球温暖化」「マイクロプラスチック問題」等、環境への関心は既に世界的レベルで広がっています。この時期にロータリアンとして何をしえ得るのかが、本年の地区目標であり、RIの目標であると考えます。
 本年度のRI会長の方針と池田正純ガバナーの地区の目標、一年間でこれが全部出来れば素晴らしいことなのでしょうが、なかなかそうも行かないもので、この今年の目標にできるだけ近づけるような活動が出来ますよう皆さんのご協力をよろしくお願いしたいともいます。
 また本年度当クラブは65周年を迎えます。また例会通算3000回も本年11月に迎えます。65周年、3000回例会を迎えるに際して歴史を再認識し、これからのクラブあり方、奉仕活動の方法等、改めて検証し直していかなければならないと考えております。
 最後になりましたが、全ての活動は会員の皆様方のご協力無しには何一つ実行することはできません。一つ一つご理解を頂きながらこの一年間進めて参りたいと思います。

 

〒311-1222 茨城県ひたちなか市海門町2-8-13 電話:029-263-7811


Copyright(c) 2015 那珂湊ロータリークラブ All Rights Reserved.